媚薬って何?

媚薬とは主に性的興奮や感度を上げる薬のことを言います。媚薬についての歴史は古く、古代ローマ時代やギリシャ時代の頃には存在が確認されていて、この時代ではトカゲなどを原料に作られていたと言われています。

日本では江戸時代の頃には「長命丸」という媚薬があったという記録もあり、長命丸はヒキガエルの粘液やアヘンを原料に作られていたそうです。その他にも、催淫効果を持つと言われる食材が、媚薬として扱われてきたこともありました。

媚薬の特徴は女性ホルモンの分泌を調整し、性欲を高める効果があります。また、血行を良くしてアドレナリンを増やして興奮させて火照った感じや高揚感を演出できます。媚薬の中にはお酒と一緒に飲んでも大丈夫なものが多いのでお酒と一緒に飲むと更に作用が現れるのも多いです。お酒と一緒に媚薬を飲んで楽しい気分や高揚感が更に増幅されて、女性をより行動的にしてくれる働きがあります。

媚薬は夫婦の性生活の霊薬とも言えます。今媚薬を使用している女性は結構います。媚薬の効果、媚薬の特徴を通し、昔の感じを取り戻すこともありふれたのです。媚薬などの催情の効果のおかげで、再び愛情と出会います。夫婦の間の繋がりももっと深くなります。共に白髪になるまで添い遂げるという決心ももっと強くなります。