夏至養陽避寒する邪

夏至犬は、なしにはいない(無所に隠れていない)と、6月22日夏至、夏至、やっと暑い季節に入った.蒸し暑い天気がよく、湿気を感じさせる全身調子が悪くて、喉が渇いて、汗やめまい、吐き気、嘔吐、脱力、足が痛いなど熱中症.漢方医の養生の理論は、夏至は陽の息の最も旺盛な時期、この季節の養生保健、一方で夏の陽に盛のほかの特徴は、陽の息を保護することに注意します;一方、夏至もいわゆる陰陽争い死生分の時期で、つまり、尽管の天気はひどく暑くて、曇る息すでに生え始めるので、後日また食養生夏至に注意するべきで、季節の保護の陽の息の把握.漢方医学によって、夏至には、最も旺盛な時期、それから夏至の養生保健は、夏の陽に入れて外の特徴に順応し、太陽を保護するために気をつけて.同自治区の漢方病院鍼灸科副主任医師メートル勇紹介、暑病気の発生は、冬の冷たい邪蔵伏体内から夏而発の伏ガス温病.夏至の日の時節で、人体の陽の息はピークに達して、この病気に対して暑いい灸療法が、より良い治療の作用を発揮して、有効的に支えて、冬の病根を陽避寒する邪で、体内の陽の息を升発と奮起して、外部のリウマチ暑邪が侵犯しにくいことによって、抵抗が切れた発症経路冬の伏邪さないで.はいい灸療法保健養生のほか、夏至の日のこの日、民間の風習も食べた夏至犬、西風回り道をするなどの俗語で、意図は夏至の日は犬肉を食べる、才能祛邪補身を抑え、疫病.自治区の人民の病院栄養研究所の栄養士马秀玲の説明では、夏至後、暑い天気で人が大量に汗が出て、多くの人が食欲不振などの症状は、体が弱いので、犬肉を通じて進むことに補う.また、夏は汗が多く、多く食塩味食物、犬肉性熱、味は塩辛い、汗による塩分を補充し、補充する塩分.夏至後、すなわち盛暑に入って、炎天の下、灸療法や食調理保護人体の陽の息を避けるために、暑病の発生、保証できるあなたの安然度夏.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です