媚薬の選び方

セックスレスや不感症の原因で、現在媚薬を求める女性がふえています。しかし、市販の媚薬は数え切れないほどの種類があって、とても、選びづらいです。種類は多いとはいえ、使い方によって、大体香水媚薬、飲む媚薬、塗る媚薬の3つに分類されています。これから、この3つのタイプを紹介して、一番自分にあう媚薬を選んでください。

香水媚薬は女性が本能的にかぎ分けると言われている性フェロモンが配合されているものが殆どです。「オキシトシン」など抱擁ホルモンと呼ばれる愛情に深く関わる化学物質も配合されていることをよく見かけます。

飲む媚薬は行為の直前(30分~60分前)に服用するものが多いです。中枢神経への刺激により、血行を促進し、女性の性的興奮を促し、分泌物が多くなって、感度も上がります。分泌物が少ない、不感症などを改善します。

塗る媚薬は、性器に直接塗って使います。これは性器を直接刺激することによって感度を高める効果があります。女性ホルモン不足、アソコ愛液不足、乾燥や性交痛など病気に良い治療効果があります。塗る媚薬の作用は主に2つがあります。1つは身体を興奮し、熱くなって、アソコが濡れてくるなど女性の興奮度をアップさせる作用。もう1つは快感を増大し、オーガズムまで何回もが繰り返してくる、女性を発情状態に導く、身体を感じやすくする作用です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です